スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ムシウタ

ムシウタ
原作:岩井恭平 監督:酒井和男 シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:神本兼利 アニメーション制作:ビートフロッグ

―――“虫”。
希望や願望や欲望が飽和しやすく、時に彼らが生きる目的そのものともなる、さまざまな≪夢≫を抱いて生きる少年少女達。
その夢が自らの器から漏れ出すほど大きく、抑えきれなくなった時、いずこからか現れて夢を食らい様々な物を奪っていく代わりに、望みもしない強大な力を与える昆虫に似た超常の存在、“虫”。
“虫”に寄生された者たちは「虫憑き」と呼ばれ、公には存在しないとされているにも拘らず、もはやその単語を知らない者はおらず、目撃証言や虫憑きのものと思われる異常現象は年々増加し、噂の範疇から抜け出ていないにもかかわらず人々の間で差別と恐怖の対象になっていた。
ここに一人の虫憑きがいた。
名を“かっこう”。虫憑きを発見・捕獲し、政府の公式見解同様に「存在しないもの」として処理する政府機関「特別環境保全事務局」、略称「特環」に所属する虫憑きであり、冠する称号は「火種一号」・・・つまり特環中最強の虫憑きである。
彼は虫憑きの中でも最も強く、最も多くの同族を倒してきた戦士である。取り付かれた虫を殺された者は欠落者・・・外界からの刺激以外に対して全くの無反応な抜け殻になってしまい、彼らにとっては≪死≫も同義である。しかし、それすらも彼の闘争への道の障害たりえない。同じ苦悩を持つはずの虫憑き達を次々と打ち倒し、蹂躙し、欠落者の山を作り出し、時には文字通り「存在しないもの」としてしまう。
彼は走る事をやめない、速度を緩めない、止まらない。なぜなら虫憑きであるという事は、彼にも夢があるからだ。自ら戦いの道へ進むのも、多くの虫憑きから恐れ・憎まれる存在となったのも、全てはその夢の為であった。故に、彼は戦う事を止めない。まだ自分の夢は叶っていないから、まだ自分の中で決して消えない少女との約束が、果たされていないから。
緑色の虫が弾け、“かっこう”の体に突き刺さる。虫と同化し、破滅的な威力を秘めた銃口を、眼前の巨大な虫へと向ける。
号砲が轟いた・・・。
どこかはわからない場所、いつかはわからない時。
抜け殻であるはずの一人の欠落者の瞳に、光が戻った。

※出典:Wikipedia:ムシウタ

youtubeテレビアニメ無料動画
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

あ行のアニメ動画

か行のアニメ動画

さ行のアニメ動画

た行のアニメ動画

な行のアニメ動画

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。